包茎手術後のセックスについて


仮性包茎は治すべき?実際に手術する時の方法は
包茎手術後は、注意すべきことがたくさんあることをご存知でしょうか。

  1. トラブルなども起こりやすく、自宅での処置も重要になってきます。
  2. 男性が包茎手術を行なった後、2週間はセックスを行なうことができません。
  3. 包茎手術後から1週間はオナニーなども抜糸が完全に終わるまでは、行なうことができません。
  4. アダルトビデオや男性誌などで、勃起させたり、朝立ちなどの現象もなるべく気をそらして、気をつけなければなりません。

手術には、

乾燥式湿潤式の2種類があり、近年では湿潤式で手術を受ける方が増えています。

湿潤式の場合、

術後3日目にはシャワーを使うことができます。
手術した患部を消毒液などは使わず、シャワーで洗浄するのが特徴でもあります。
洗浄は30秒くらいシャワーを軽く当て、タオルで優しく水を拭き取り、新しい包帯を巻き付けます。
手術後の傷は1週間位でつくので、特に丁寧に行なうことが大切です。
たまに抜糸前に糸が取れてくる場合もありますが、特に問題はありません。
腫れなども徐々にひいていきます。

状態も良く、大きな問題がなければ、8日目以降から時々、勃起させるようにしましょう。
ただし、勃起させるだけで、オナニーやセックスはまだ行なえません。

シャワーから湯船につかることができるのも8日目以降となります。
術後2週間以降で、オナニーとセックスが可能になります。

最初は違和感が残る為、2?3回練習を行なってから、セックスを行なうとスムーズです。