男性が包茎の確率


男性のが包茎の確率というのは意外に高いものがあって、半数以上の男性は包茎だと言われています。
また、包茎は性感染症のリスクを高めると言われている。
ただしこれはあくまでも程度の軽い仮性包茎の話であって、重度の真性包茎などの話ではありません。
仮性包茎と言っても程度がありますから、完全に皮を被っている人もいれば半分ぐらい皮を被っている人もいて、人それぞれとなっています。
この確率からいえることは多少皮を被っている程度であれば他の人と変わるようなものではないので、そこまで気にしすぎる必要はないということなのです。
もちろん、健康に悪影響をおよぼすほどの重度のものであれば、それに合わせた治療や手術をする必要はありますがそうでなければ、本人が気にしなければそれほど大きな問題となるようなことはないのです。
特に見た目の問題の場合には本人が意識を変えればそれで済むケースも有りますから、人と違うわけではないと考えておけば性器の見た目のことで悩むようなことはありません。
このように包茎というのは特別珍しいものでもありませんから、そのことで悩んでいるという人は自分が特別おかしくないということを一度理解してみると良いでしょう。
それでもコンプレックスに感じてしまうのであれば、その時には手術などを受けてみるのも効果的です。