司法書士、行政書士の仕事とは?


司法書士は、主に不動産登記、商業登記、簡易裁判所における少額訴訟代理、過払い請求などがあります。
不動産登記と商業登記が仕事の量をほとんどをしめて、不動産登記では建物が建ったあとの表示する登記に関しては、土地家屋調査士が行いますがそれ以外の権利の保存や移転、担保権の設定、抹消登記は司法書士が行います。
もっとも身近に利用するとすれば、不動産を購入した際に住宅ローンを組んだ時には、不動産の所有権移転登記と住宅ローンの担保のための抵当権設定登記に際に依頼することがあります。
身近な法律相談にも応じてくれますが、弁護士の業務との関連で行えないものもありたとえば高額の訴額の民事訴訟の代行などもありますので依頼内容は主に登記関係と考えておいたほうがいいです。
商業登記では会社設立、役員の変更などを行います。
一方の行政書士ですが、主に公的に機関に提出する書類の作成及び申請代行を行い、内容として建築関係の許可、一般法人に設立許可、各種の事業の許認可、帰化申請、市町村の住民サービスの申請代行と役所に提出する種類全般を扱いますが他の資格の関係でたとえば社会保険労務士の厚生年金保険や雇用保険、労働災害保険などの社会保険関係で国の出先機関への申請代行は一部認められていませんが、市町村などの地方自治体の行政手続きがかなり幅広く担当できます。
しかしこの資格名前が似ていますが、行政書士は会社設立の許可に付随して会社設立登記は可能ですが他の登記業務はできませんし、また不動産関係の登記申請代行はできない点に注意です。