真性包茎と仮性包茎の違い


男性が持つ性器に関する悩みの一つに、包茎・亀頭先細りがあります。

包茎と一口に言っても、いくつかのタイプに分けることが出来ます。
その中でも、区別が難しいと言われているのが、真性包茎と仮性包茎です。

真性包茎と仮性包茎の大きな違いとしては、包皮をめくることが出来るか否かということがあります。

真性包茎の場合は、
手で包皮をめくることが出来ず、無理にむこうとすると、強い痛みを感じたり、場合によっては出血を伴う場合もあります
勃起をしても包皮をめくることは出来ません。

一方の仮性包茎の場合は、
包皮を簡単に手でめくることが出来ます。
もちろん、痛みや出血を伴うということもありません。
また、
普段は包皮で覆われていたとしても、勃起した状態では自然に包皮がめくれたような状態になります。

真性包茎の場合は、
包皮に覆われた状態で性行為を行うことになりますので、場合によっては不妊の原因となる場合があります。

また、
清潔な状態を保つことが難しいということもあり、性病のリスクが高まる可能性もあります。

真性包茎の場合は、
コンプレックスに感じるだけではなく、私生活にも悪影響を及ぼしている可能性がありますので、手術をしたほうが良いと言えます。

仮性包茎の場合は、
真性包茎と比べて、性病のリスクも少なく、無理に手術を受ける必要はありませんが、炎症が起こる要な場合には、早めに手術をうけることにより、悩みを解消することが出来るケースも少なくはありません。”