女性の薄毛の原因:産後の女性の抜け毛による薄毛


妊娠・出産は女性にとってとりわけ大きな喜びのひととき。
しかし、産後薄毛の悩みを抱える女性が多くいます。
その原因はなんでしょうか?一つ目の原因として、ホルモンバランスの変化にあります。
女性ホルモンが髪に大きな影響を与えていることはご存知でしょう。
女性ホルモンは大きく分けて「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。
エストロゲンは髪の毛の成長を促す働きをし、プロゲステロンは育毛維持するという働きがあります。
妊娠を期に、両方の女性ホルモンが活発になります。
そうして、安全な出産に備えることができるからです。
しかし、出産後その必要がなくなるため、元のバランスを取り戻すために急激に減少してしまい、そのため、出産後に抜け毛が増えてしまい薄毛になってしまうのです。
また別の理由としては、自律神経の乱れがあります。
赤ちゃんの夜泣きで起こされ、夜に十分の睡眠が取れなかったり、慣れない赤ちゃん中心の生活にストレスを感じたり、そのストレスが自律神経の乱れを起こし、代謝が悪くなり抜け毛につながるのです。
また、妊娠により急激に増えた体重を戻そうと過激なダイエットをすることも抜け毛の原因となります。
いずれにしましても、産後の抜け毛は一時的なものですから、悩み過ぎることなく、また赤ちゃんのお世話で難しいのは事実ですが、休息をとることや、きちんとした食生活を送ることで抜け毛に対処していきましょう。