OTベンダー&事業会社系コンサルティングについて


かつてITと様々なオペレーション装置を高度化するOTは、分けて開発が進んでいました。
最近はITとOTの融合が促進されており、OTベンダーはITベンダーが供給するサービスにも分野を広げています。
OTベンダー&事業会社系コンサルティングでは、ソフトウェアやハードウェアが低価格になって、販売競争が激しくなったことを受けて、自社製品の高い性能をアピールするだけでは差別化を図れないことを把握しています。
そこでコンサルティングを中心としたサービスに力を入れることで、事業拡大を目指しています。
OTベンダー&事業会社系コンサルティングは、日系企業や外資の大手メーカーを中心に活動しています。
経営戦略や新規事業企画を担当するのは主な仕事です。
大手では、従来のサービスに加え、デジタル領域のコンサルティング部門を作ったりさらに発展させたり、広告業界やデジタル業界に精通しビックデータの分析や統計解析ができる人材を欲しがっています。
これらの企業では現在でもグローバルを視野に入れた事業に積極的なので、欧米や中国、ASEAN、BRICs地域といった幅広い地域をターゲットに、現地に住んでコンサルティング業を行う人も多いです。