Tag Archives: 抵当権設定登記

司法書士、行政書士の仕事とは?

司法書士は、主に不動産登記、商業登記、簡易裁判所における少額訴訟代理、過払い請求などがあります。

不動産登記と商業登記が仕事の量をほとんどをしめて、不動産登記では建物が建ったあとの表示する登記に関しては、土地家屋調査士が行いますがそれ以外の権利の保存や移転、担保権の設定、抹消登記は司法書士が行います。

もっとも身近に利用するとすれば、不動産を購入した際に住宅ローンを組んだ時には、不動産の所有権移転登記と住宅ローンの担保のための抵当権設定登記に際に依頼することがあります。

身近な法律相談にも応じてくれますが、弁護士の業務との関連で行えないものもありたとえば高額の訴額の民事訴訟の代行などもありますので依頼内容は主に登記関係と考えておいたほうがいいです。

Continue reading →